管理者:kazuboy(オーナー)(お問い合わせ) メンバー登録 閲覧:・投稿:

無料レンタル掲示板 | ヘルプ | ログイン

 

海外送金何でも相談コーナー

質問する前に「手数料を節約して便利に海外送金する方法」の記事、「海外送金何でも相談コーナー」の過去の質問を調べてください。

いずれのサイトでも知りたい事柄のキーワードを『記事検索』に入力して検索できます。
  ※最新の情報は『手数料を節約して便利に海外送金する方法』で説明していますので確認してください。
マナーを守った情報交換の場になればうれしいです。(^.^)

[注意!]回答しやすいよう、「送金金額」「送金する人・受取る人」「利用する金融機関」など海外送金に関する情報をできるだけ詳しく書いてください。

手数料を節約して便利に海外送金する方法へ戻る

672984

記事検索:(スペースで区切り全てを含む検索もできます)

前のページに戻る

 
357: シティから海外送金するさいの銀行情報  
1 名前: noah24  2011/10/18 08:28
いくつもトピックをたててしまい申し訳ありません。
シティバンクから海外送金する際は送金先銀行の情報で支店住所が必要ですが、これは自分が口座を開けた支店住所なのか、家から一番近い支店の住所なのか、HQの住所なのかどれなのでしょうか?
自分の銀行に問い合わせたところ、電話では(アカウント情報等入力後に)最寄銀行の住所を書くように言われ、メールで問い合わせたところ、HQの住所を言われました。日本では振込み時に支店名など書きますが、アメリカへ送金する際もこの支店住所というのは重要なのでしょうか?自分の銀行に問い合わせてもらちがあかないので、もしご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。



2 名前: kazuboy(オーナー)  2011/10/18 09:46
noah24さんへ、シティバンクも困ったものですね。(^_^;)

わたしは実際の銀行業務を知りませんが、eセービング口座からはじめた取引なら、本店の住所でよいかと思います。
一般的にはお金を引き出す口座と名義、印鑑orサイン、そして送金先の銀行名、ABAナンバーやスイフトコード、相手の名前と口座番号がまちがいなければ届くと思います。
でも、念のためにもう一度シティバンクに確認することをすすめます。



3 名前: noah24  2011/10/18 12:30
山田様
ありがとうございます。
アメリカではカスタマーサービスによって言うことも違いますし、適当なところが多くて困ってしまいます。日本側に問い合わせましたが、やはり受け取り側で確認しないといけないようです。

別件でお知恵を拝借したいのですが、よろしいでしょうか?
新生(夫婦それぞれ1アカウントずつ)とシティに口座をもっています。アメリカでの住宅購入資金にあてるため、新生はまず私の口座に配偶者の残高を送金し、それをサイバーエージェントFXに送りドルになったらシティバンクにいれるつもりでした。シティバンクの日本円分も一度サイバーエージェントFX口座でドルにしてシティに戻すつもりです。
ところが、住宅ローンのブローカーからお金がどこから出てきたのか(他に借り入れをしていないか)を確認するため、全ての取引を英語で証明(振込み画面の印刷でもよいのですが)しないといけないと言われました。
シティバンクに関しては出て戻ってくるので恐らくシティ⇔サイバーエージェントの取引を見せる必要はないと思うのですが、新生に関してはお金の出所がわからないということでカウントしてもらえないようです。
色々考えたのですが、このような状態では、サイバーエージェントから全額シティにドルで送金してそこからまとめて海外送金するのではなく、私の新生口座からFX口座に振り込んだ分に関してはFX口座からシティ、新生とそれぞれ戻して、配偶者の分も元の口座に戻し、3口座からそれぞれ海外送金するしかないのでしょうか?新生銀行内であればドルで移動させるのに手数料はかからないようですが、中継手数料や受け取り手数料は3回分かかってしまいますよね。
新生からシティにドルのまま移動させるのは4000円かかるといわれましたので直接海外送金するのと手数料はかわらないと思います。(ドルでのやりとりであれば恐らく英語でお金の移動が証明できる紙がもらえるのかなという憶測です)
もしよいお知恵がありましたら教えてください。
何卒よろしくお願い致します。



4 名前: kazuboy(オーナー)  2011/10/18 19:59
noah24さんへ

>送金先銀行の情報で支店住所

ですが、現在受取口座がある支店だと思います。早とちりですみません。m(__)m

つぎに送金するときの名義ですが、申し訳ありませんがわたしはアメリカの税制はわかりません。しかしまとまったお金をうごかすときに大切なことは少々の手数料の節約より税金対策です。これに失敗すると節約した額の何倍もの費用や面倒な手間がかかります。

ですからご主人のお金はご主人のお金としてアメリカに届いたこと、奥様のお金は奥様のお金、としての流れをわかりやすくはっきり示すことが第一で、そのために少々の手数料がかかることはやむを得ないと考えます。
わたしなら住宅ローンのブローカーにどこまでのお金の流れをはっきりさせる必要があるかを確認の上、以下のいずれかの方法を取ると思います。

T.すべてのお金の流れをご主人と奥様、そして銀行ごとにはっきりさせる厳密な対応
新生銀行の2名の口座、さらにシティバンクの口座ごとにサイバーエージェントFXへの入金と米ドルへの換金、さらに新生銀行とシティバンクへ戻してから一人一人それぞれの口座からアメリカへ送金する。
そうすると、すべてのお金の流れをさらに以前までさかのぼって説明することを求められてもわかりやすく説明できます。

U.Tまでの細かい説明は必要ない場合
まずご主人or奥様どちらかのお名前にお金を(シティバンクor新生銀行のどちらかへ)まとめます。それからサイバーエージェントFXへの送金と米ドルへの転換、そして送金をします。
この場合、お一人の名前にまとめてから後のお金の流れに関する証明を作ります。(しかしさらにさかのぼって説明を求められると説明がややこしくなります。)

どちらかがよいかは、アメリカでの不動産購入に関する税制を考慮してください。



※記事投稿するにはログインしてください。

 

前のページに戻る